トップページ > 視力低下を防ぐ方法とは?

視力低下を防ぐ方法とは?

視力というのはいちど下がってしまうといいことがありません。元々は見えていたというものが見えなくなることによってストレスというものまで引きおこしてしまいます。しかし視力というのはそう簡単に回復してくれるということもないのです。ですので、自分は目が良いから大丈夫というように思っている方でも決してその状態にあぐらをかいてしまうようなことはせずに、視力が低下しないように予防していくという心がけがとても大切になってくるのです。

 

視力の低下を防ぐにはなにをどうすればいいのでしょうか。まずはできるだけ目を酷使しないことがいちばんにあげられます。どうしても子どもの頃などは勉強などで目を酷使してしまいがちです。ですので、あまり長い時間を無駄に続けないように注意しておくことが大事になります。どうしてもというのであれば速読などを身につけさせるというのもありです。

 

また携帯電話や携帯ゲーム機といったものも長時間使用するのであれば時々目をそらして遠くを見たりするように心がけるといいでしょう。テレビを見るときには近づいて見ないように意識しておくのも大切です。テレビを見るというのであればできれば2メートル以上は離れて見るようにしておくといいでしょう。またメガネやコンタクトレンズというものは目に負担がかかってしまうものです。

 

ですので、必要のないときはできるだけ外すようにしてください。ただし裸眼での視力では日常生活に支障がでてしまうほどに視力が低下しているときにはそうしたことはする必要はありません。あくまでも補助程度に使用しているという方であれば、そうした視力を矯正するものだけに頼りすぎてしまうのがよくないという話です。

 

そして、目が疲れているなと思ったときにはすぐに目の疲れを解消するように心がけていきましょう。疲れ目を解消するためにはマッサージや目の体操といったことがとても効果的になります。他にも身体の内側からの予防としては目に良いサプリメントを摂取するというのも効果的です。

 

また、同様の効果のある食品を摂るのもいいでしょう。他にも緑色というのは目の疲れを和らげてくれるといいます。ですのでえ観葉植物などをおいておき、偶にはそうしたものを愛でるというのも効果的なのです。学校の黒板というのは黒板といいながらも深緑の色をしているのはそういった理由があるからだともいわれているのです。