ダイエットが手軽に!体重を落とすサプリはこれ!

体重を落とすために重要な汗をかくこと

 

体重を減らすためにはまず運動、これはどこに相談をしても必ず言われるダイエットの基本というべきものです。とはいえ、普段から体を動かす習慣がなければなかなか汗をかく機会というのも少ないのではないでしょうか。

 

そこでおすすめなのがサウナスーツの利用です。とにかく汗をかくことはダイエット効果を高めるためにも有効なので、ダイエット用のサウナスーツを利用してみてはいかがでしょう。

 

このサウナスーツの特徴は、かなりの量の汗をかくことができるという点にあります。普通のジャージなどで運動をする場合に比べるとかなりたくさんの汗が出ますので、ダイエットにはもってこいの服装です。

 

ただし、このサウナスーツでかいた汗の分だけ体重が少なくなるというわけではありません。汗が出て行った分を水分で補ってしまうと体重はプラスマイナスゼロの状態になります。

 

では汗をかくことの目的とは何かといえば、体内の新陳代謝の活性化と老廃物の排出にあります。こうした働きによってダイエット効果が実感できるのです。

 

汗をかいてダイエットをする場合に注意したいのが、水分補給をこまめにしながら行うというものです。加えて、サウナスーツを利用してダイエットをするのであれば体温を上げ過ぎないように注意しながら利用することも大切です。

 

ダイエットは脳から「脂肪燃焼」の信号を受けることも重要なポイントとなりますので、あまり体に負担をかけすぎるとその信号が出なくなってしまうためです。

 

体重を落とすことと筋肉の関係

 

ダイエットをしている人の悩みといえば、やはりなかなか体重が減らないということではないでしょうか。確かに体重計の数値が減らなければダイエットをしている意味がないと思われるかもしれませんが、ここで注意したいのは脂肪と筋肉の関係です。

 

実は筋肉の方が脂肪より重いため、体重計の数値が減らなくても見た目はかなりスリムになっているということも考えられます。そこでまず考えたいのが、ダイエットを進めるうえでの目標です。

 

とにかく体重計の数値を減らしたいのか、それとも見た目が綺麗になることを目指すのか、それによって方向性が変わってきます。体重が減ればそれで成功とする人もいますし、逆に見た目にも細くなったことを周囲に気づいてほしいという人もいることでしょう。

 

もしも自身の見た目が変わったことを周囲に気づいてほしいということであれば、あまり体重計の数値ばかりにこだわる必要はありません。見た目が細くなっていても先述の通り筋肉のほうが脂肪より重いためダイエットをしているのに体重が増えるというのはよくあることです。

 

その意味では、まずは筋肉の量を増やして体を引き締めるというのは見た目をきれいにすることを目標とする人にとってぜひ試してみたいところです。筋肉量が増えればそれだけ体もスリムになりますし、見た目もきれいになっていくからです。

 

ダイエットのゴールは人それぞれ異なるものであり、何をもって成功したかと判断するのも人それぞれ異なるものです。もっといえば、体重計の数値だけで判断できるものはないのがダイエットというものなのです。

 

妊娠中や出産後の腰痛対策にオススメの寝具

 

出産後の女性や妊娠中の女性で腰痛に悩まされるようになったという人はとても多いです。妊娠中の女性のための、腰痛対策グッズや骨盤ガードルなどを使うようにしたり、腰に負担がかからないマットレスを使うようにしたりするといったいろいろな方法があります。

 

今は腰痛に悩んでいても、出産をして少ししてからだんだん腰の痛みを感じなくなってくるというケースが大半を占めています。しかし、妊娠をしていたり出産をした直後の腰痛を少しでも和らげていきたいと思っているのであれば、寝具として高反発マットレスを使うようにしてみてください。

 

妊娠中の場合、時間が経過するとともにお腹の中の赤ちゃんも成長していきます。そして、だんだん重量も重くなりますから、母体は無意識のうちに猫背になってしまったり腰が反ってしまったりしやすくなるのです。

 

このような腰の状態で柔らかい布団であったり、低反発マットレスを使ってしまっていると、さらに腰などが沈んでしまって体圧がかかってしまいます。これによって、骨盤や背骨がゆがんでしまって、さらに腰痛の痛みが強くなってしまいやすくなるのです。

 

腰痛の痛みだけではなく、肩こりや首のこり、背中のこりなどにも発展しやすくなってしまいますから、低反発マットレスを使うことはおすすめしません。

 

高反発マットレスであれば、マットレスに腰が沈んでしまうということもありませんし、体圧も全体に分散されることになり、腰への負担をかなり軽減させることができるようになるので高反発マットレス おすすめです。

 

もちろん反発力などがあるマットレスだとしても、ある程度長く使い続けることができるものでなくては、また新たに買わなくてはならなくなってしまいます。ですので、数年程度は使い続けることができるくらいの耐久度の高反発マットレスを選ぶようにした方がいいかと思います。

 

安い高反発マットレスを買って、ダメになったら買い直す方法もあるのですが、それだけ出費もかさんでしまいますし、通気性も悪いですから衛生上も悪いです。ですので、それなりの品質の高反発マットレスを選ぶようにした方がいいのです。

 

くびれと健康に腹斜筋を鍛えよう

 

理想的なくびれを作るために大事なことは食事制限と適切な運動。摂取カロリーを落としながら消費カロリーを増やすことが王道です。これを並行して継続するのは大変ですが、スタイルは一日にして成らずですから、良くも悪くもくびれを作るのは生活習慣です。食事や運動を生活の中で意識しましょう。こちらも活用⇒くびれサプリ最新版

 

くびれ作りのために最も大事な筋肉が腹斜筋で肋骨の下から脇腹にかけて斜めにある筋肉のことを言います。

 

仰向けに寝た状態から上半身を起こす腹筋は、服直筋という筋肉を鍛えるだけで、くびれ作りにはあまり効果がありません。お腹が前に出ているタイプのポッコリお腹であれば、この腹直筋を鍛えることで解消することが期待できますが、腹斜筋にはあまり影響がなく、お腹のくびれは期待できません。

 

腹斜筋は、お腹の側面をコルセットのように囲っているもので、ここが弱いとサイドに脂肪が集まるようになり、くびれが作りにくくなってきます。

 

腹斜筋を鍛えることで、基礎代謝の大きな上昇が見込めます。というのは、お腹まわりの筋肉というのは、上半身の筋肉の中でも最も大きな筋肉のひとつだからです。しっかり鍛えておくと、冷えを予防する効果や血行を改善する効果も期待できますし、ダイエットもしやすい体になるのですね。

 

腹斜筋を鍛えてくびれを作るためには、サイドクランチが最も有効でしょう。横向けに寝て、右ひじは床について上半身を起こします。そして左手は左の腰にあてておきましょう。その状態で、左の脇腹を縮めるように上半身をもちあげてキープします。これを10回を目標に繰り返しましょう。

 

これを左右変えながら、数セット行うことができるようになれば、かなり腹斜筋が鍛えられているはずです。

 

ノコギリヤシに副作用はないのか?

日本では、最近になってノコギリヤシが注目されるようになりましたが、ドイツやフランスでは、数十年前から医薬品として活用されています。医薬品と言っても、元々自然界に存在している植物ですから、安全性がとても高くなっています。

 

前立腺肥大症やAGAというのは、フィナステリドのような治療薬を服用するというイメージが強いのですが、フィナステリドは副作用として、勃起不全や性欲減退があるといわれています。同じような効果が期待できるノコギリヤシでは、上記のような副作用は今のところ報告ありません。

 

ただし、いくら安全性が高いからと言って、ノコギリヤシを大量に摂取してしまった場合、腹痛や便秘、吐き気などの副作用が出てしまうことがあります。この他にも、体質と相性が悪く、下痢やめまいなどの副作用が出てしまったという事例もあります。

 

あくまでも過剰摂取したことによって、副作用が出てしまったというものですから、サプリメントとしてノコギリヤシを摂取するのであれば、用法などを必ず守るように摂取しましょう。そうすれば、ノコギリヤシを摂取して副作用が出てしまうということはほぼないでしょう。

 

実験結果で、1日に付き320rのノコギリヤシを摂取するのが望ましいとされているのですが、一日160r程度でも、毎日摂取することで、前立腺肥大症やAGAの予防が可能だとされています。

 

ただし、普段から持病などで薬を服用している場合、副作用が出てしまうこともありますので、薬を飲んでいるのであれば医師に事前に相談をしておいたほうがいいでしょう。

 

参考サイト:ノコギリヤシのサプリメントガイド